原状回復の情報が満載!

原状回復についての法律

原状回復についての法律 賃貸に住んでいる人がトラブルになるケースで多いのが原状回復に関する問題です。
どこまでが原状になるのかが曖昧でしたのでトラブルになっています。
貸主側からしますと、借りている人に勝手に壁に穴を開けられたり、内装を変えたりされますと、次に貸すことができないこともあります。
ですので、原状回復を借主に求めるのは理解できます。
反対に、借主からしますと、普通に生活していたにもかかわらず部屋を汚くされたということで原状回復の費用を負担させられては納得できなくて当然です。
このように貸主と借主の双方が納得できない状態だったのを今回法律で定めることになりました。
法律が適用されるのは2020年の見込みですが、実に約120年ぶりの改正です。
今回の改正で重要な項目の一つに「敷金および原状回復のルールの明確化」があります。
例えば、普通に生活をしているだけでも壁や床や畳などは劣化するものです。
そうした場合でも回復費用を請求されることがありましたが、今回の改正によりそうしたことが明確になります。
重要なことは回復に際しての負担割合が明確になることですので、今回の改正により貸主と借主の双方が納得できるようになります。

原状回復に関する法律が2020年に改正されます

原状回復に関する法律が2020年に改正されます 契約や金銭の支払いに関するルールを定めた民法という法律があるのですが、2017年にこれを見直す法案が成立したことで、2020年にはこの内容にある「原状回復」ということに関して明らかに定義されることになっています。
そもそも「原状回復」とはどういったことを指すのかといいますと、目的が建物や土地であったり用途が住宅用か商業用なのかによって内容に違いがみられるものですが、賃貸借契約が終わった時の退去する際に賃借人が賃貸物件を元の状態に戻すために負担する義務があることを指しているものです。
しかしながら、現状ではこの賃借人が元の状態に戻すために負担する金額や範囲等について、貸主と借主との間でトラブルになっている事例が多くみられています。
このようなトラブルが起こる原因の一つには、「原状回復」に関する法律が明確とは言いにくいものであったため、2017年に見直す法案が成立し2020年には民法が改正されることになったと言います。