原状回復の情報が満載!

原状回復の義務はどこまで?

原状回復の義務はどこまで? 自分の住居として賃貸を選択した場合、やはり気にかかるのがそこを出るときに義務とされている、原状回復という問題になります。
昔は大家さんの意見だけで、借主に多大な負担を負わせるといったことが多々ありましたが、今の法的義務では、しっかりと範囲が決まっているために、それほど大きな負担なく賃貸住宅を出ることができます。
長年使用しているうちには、日に当たることで畳の表面の色が変わり劣化してしまったり、あるいは壁紙の色が変色したなどは自然のことですので原状回復の対象にはなりません。
しかし、自分の責任で家のなかの場所に傷をつけたなどの行為は、もちろん対象外になるので注意が必要です。
柱にくぎを打ち付けたり、また床に傷をつけたことや、あるいは設置してあるものを壊したなどの行為は自己責任となります。
賃貸住宅に入居するときには、そのような注意点が必ず書類に書かれているために、本人がよく読んで覚えておく必要があります。

原状回復はどこまでが店子の責任で行うのか

原状回復はどこまでが店子の責任で行うのか 借家とかアパートの一室を借りるという場合、契約段階で原状回復ということを不動産屋などから説明されるので、確認することになるので、その時点でしっかり認識しておくことがとても重要です。
なぜなら、余程のことででない限り、原状回復をどこまで行う義務があるかというのも、契約自由の原則が優先されるので、契約書の内容がポイントだからです。
余程のことと言うのは、オーナーが理不尽なことを要求しないという判断でいいのですが、一般的には自然損耗は店子の負担とはなりません。
店子が傷つけたとか、細工をして形状を変えたという以外は責任は及ばないのです。
しかし、畳についてはあちこちでトラブルめいたことが起きていますが、変色した青い色を元通りにするかどうかということもその一つです。
本来は自然損耗の範疇ですので店子の責任はないのですが、契約書に銘打っている場合は厄介なことになるというわけです。
現実問題としては、前述したように契約段階で確認し、我慢できればよし、意に沿わないのであれば他を探すというのが賢明なことと言えます。